渋谷系且つ任侠系親父の独り言


プロフィール

bosstyphoon

Author:bosstyphoon
こんなヤクザなブログよくも覗いたぜ!お前さん根性あるね~!マァちょくちょく寄ってくんね~!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



今日は何の日か知ってるかい?



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富士宮焼きそば。(mixiからの転載)
先日静岡に所用があり行って来た。といっても今日もこれから焼津まで、出かけなければならないのだが、まだ出発時間は未定である。
その先日の静岡行きの帰りに足柄SAによってみた。
SAに入って驚いたのはクリスマスのようなイルミネーションが煌煌と輝いていたことだ。足柄は自然界の動物がたくさんいるところだが、こんなイルミネーションを夜の夜中に点灯しておいて、小動物たちに悪影響を与えないのだろうか。なんてことをいってるが本当は私イルミネーションが大好きなのである。毎年年末になると街のあっちこっちに町々が競うようにイルミネーションを点灯し、その規模は年々派手になる一方だ。
私のいる渋谷は道玄坂を始め、宮益坂やハチ公前、公園通りなどなど町は小さいがイルミネーションの数ではほかの町に引けをとらぬほどである。
そんなわけで私はイルミネーションを発見すると必ずぱちりと写メってしまうのだ。
昨年末のmixiの日記にも一昨年の暮れの日記にも私のイルミネーションコレクションがアップしていたことをご記憶の方も多いはず。何しろ光物に滅法弱い私でして、キラキラ光るものには必ずというか取り敢えずは反応を示してみるのが性分なのだ。
で、もちろん御殿場は足柄サービスエリアのイルミネーションもしっかり写メって来ました。
なぜここに寄ったのかというと、たった一掬いの水を口に含みたいがためなのだ。このあたりは富士の伏流水が湧き水として出ているところが多く、ほかのPAでも美味しい自然の水が湧き出ているところもある。
わが国の水は、というか東京都の水道水は年々不味くなる。昔は水道の水は蛇口をひねって直接口をつけたり、または手に掬って手柄杓で飲んだものだが、最近の水道の水はそのまま飲むには少々怖いような気がしてならない。だから家で水を飲む時はほとんどがコンビになり大型スーパーでまとめ買いをしてある、18リットル入りのペットボトルに入ったミネラル水である。日本もこういう面では諸外国並みになってきている。国際化が進んだといえば叱られるであろうか。
さて話は変わって足柄SAにはいろいろなみやげ物が売られている。SAやPAはその土地土地の色合いを生かした、産物なり名物をうまく工夫して売られている。そこで私は静岡名物の土産を買って帰ろうと考え、売店の中に入ってみたが、ここで売られていたのは静岡名産のうなぎパイ・お茶パイ・抹茶ようかん・釜揚げシラス・などなどここに書き連ねていたらきりがないのでよすが、ここで富士宮名物の焼きそばが売っていたのだ。
私は麺類が大好き。江戸っ子家のみんなも麺類が大好きなのだ。したがってここでこのヤキそばを買わなければ、芝浦に戻って私以上にそば好きな江戸っ子娘になにを言われるかわかったものじゃない。
ということで買ってきました「富士宮焼きそば」袋を持つとづっしり重く、値段の割にはこの重量をいwうことでお得感が漂っていいた。焼きそばを買ってきただけでは意味がない。いくら美味しい焼きそばだとはいっても、これを調理して食べてみなければその味もわかるまい。そこで焼きそばを焼かせたら関東地方では第一人者といわれている、というか自分で言っているこの私が調理した。
焼きそばを焼くのにはコツがある。そのコツとはまず焼きそばの麺をあらかじめ水でほぐしておく。次にフライパンなり鉄板で焼くというよりは蒸すといった感じで、フライパンに放り込んでから水を入れてその蒸気が麺に満遍なく行き渡るようにするのが肝心なのだ。そして最後の味付けの段階でソースは火を落としてから絡める。そして適量をまだ熱々のフライパンの周りから落として香ばしいかおりを引き立ててあげる。最後に海苔をかけるかおかかをかけるかはそれぞれの好みに合わせればいい。
そうして出来上がったのが写真1の大皿に盛った3人前の富士宮焼きそばだ。味?美味いに決まっている。私が作るものに不味いものはない。
ところで今日はバレンタインディーだそうだ。猫も杓子もチョコレートに目の色を変えている。私は今日はゼロです。なぜならばそういうものをもらえるような場所には行かないからです。そういうものをもらえる場所というのは、綺麗なおねぇちゃんがいて、いや中には汚いおねぇちゃんもいるにはいるが、大体が化粧で化けているのだから薄明かりの中で見れば、綺麗に見えてしまうのだ。こういうところでもらうチョコほど高いものはない。わずか数百円のチョコが数十万円に増えて取り返される。
冗談じゃない。
とは言いつつもチョコやっぱほしいかなぁ・・・
だけど、だけど、だけどもだけど、そんなの関係ねぇ。

富士宮やきそば


足柄sa


足柄」A

スポンサーサイト

意識ある皆さんにお願いします。再び人権擁護法案に反対する。
この本文は若き友人二人のブログからの転載です。
いま危険な法律を作ろうと政府自民党はこの法案を本国会で提出をしようとしています。
どうか本文を、そして私の過去の『人権擁護法案断固反対』http://bosstyphoon.blog73.fc2.com/blog-entry-352.htmlを呼んでいただきご理解のうえ自民党に対して反対のメールを送ってください。

                    記
自民党の人権問題等調査会が13日午前8時から開催され、人権擁護法案の提出が話し合われるようです。
もし自民党が本国会で議案として提出しますと、民主党の力が強い現状では公明・民主の加勢により法案が通りやすい状況になります。
よって自民党内で提出を踏みとどまらせるのが戦術上の得策と存じます。
もしこの法案が通ると、反日反国家分子によるイデオロギー工作に法的な橋頭堡を提供し、在日利権や同和利権に対する批判の内部規制を制度化することになります。
同調査会開催まで本日1日しかありませんが、いかに多くの抗議(ファックス・電話・メール等)が行くかで状況を多少は有利に運べます。

朝鮮総連がかつて役所に影響を行使したのは1日最低百本単位オーダーの抗議だそうです。
我々もこのオーダーのレベルを実現したいものです。

皆さんご多忙のところ大変ですが、白紙に一行の抗議文を書く「一行抗議」で構わないので、なるだけ多くの抗議・要請を自民党人権問題等調査会委員長の太田誠一氏と自民党本部に寄せていただきたく存じます。

(「一行抗議」例)
「言論と表現の自由を抑圧する人権擁護法案反対」

抗議・要請先は以下の通りです。

【太田誠一 議員会館事務所】

〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第2議員会館 232号室

TEL:03-3508-7032

FAX:03-3508-3832

U R L:http://www.otaseiichi.jp


【自民党本部】


                        記
「危ない!人権擁護法案」(展転社)
http://tendensha.co.jp/syakai/syakai282.html

平成十五年に廃案となっていた悪法・人権擁護法案が平成十七年三月に自民党法務部会で突如として浮上する。四月四日、日比谷公会堂において「人権擁護法案を考える緊急大会」が開催された。大会準備はわずか十日しかなかったにも関わらず、この大会には千五百人を超える多くの参加者が結集した。驚くべきはこれだけではない。この大会参加者の大多数はインターネットにより大会の情報を得ていて、これまでに政治運動に参加したことのない人達だった。この大会以降、人権擁護法案反対運動は一急激に加速する。今まで政治運動に参加したことのない国民もインターネットというツールを媒介し、次々と人権擁護法案反対運動に取り組み始めた。この人権擁護法案反対運動ではインターネットが大きな役割を果たし、新たな政治運動の形態を生み出した。そして、九月の郵政民営化を巡る解散により人権擁護法案の提出は阻止することができた。この闘いの記録が本にまとめられている。また、この本には政治家やジャーナリスト・学者だけでなく、一般国民の声やインターネットで反対運動を展開した方々の対談も収録されている。まさに国民の手によって作られた本と言える。このような本が出版された事もまた、画期的なことである。今後の人権擁護法案や同類の法律・条例に反対するための理論武装だけでなく、インターネットというツールを使用した新たな国民運動のノウハウもこの本からは得る事ができる。



みんな俺の話を聞いてくれよ。(mixiからの転載)
早くもバレンタインのチョコをもらった。正直に言うが少しうれしい。いや少しどころかかなり嬉しいかも。当然義理チョコではあるがGODIVAのチョコだからね…やはり美味しいものは何をもらっても嬉しいものである。
ここ最近は、義理チョコをもらうようなところへの出入りも控えている。そのせいなのか義理チョコはほぼゼロに近い数字になってしまった。もちろん本命チョコなんてもうもらえる年でもないし、いまさらもらったってそれのお答えが出来ない身の上…
どうなんだろう?この先本命チョコをもらう機会なんてあるのだろうか?
少し昔話を、自慢話と取られても法螺話と捕らえてもどちらでもお好きなように解釈してくれて結構ですが一応説明するとこれはドキュメントです。
私が十代から二十代初めのころ、バレンタインディには両手に抱えきれないほどのチョコをもらっていました。よく法螺話で『俺はダンプいっぱいのチョコをもらって処分に困った』なんていってましたが、このころもらったチョコは処分するというか食うのに大変だった。まさか捨てるわけにもいかないし基本的に当時はチョコが大好きだったから捨てるなんてもったいない、せっかくの頂き物を捨てるという意識は私の気持ちの中ではありえなかった。
今の私知っているに人は想像もつかないだろうが私これでもなかなか男前でした。本当だって。
実の姉がいるのですがその同級生や同僚が私を見たさに姉を尋ねる振りして見に来ました。
その実の姉が私を例えるのに「うちの弟沖雅也にそっくり」って言いふらしてました。ただその姉が十年ほど前に言った言葉が「何でこんなになっちゃったんだろう…昔は沖雅也にそっくりだったのに…」と悲しい顔で言いました。これは言われる私のほうがよほど悲しかったのですが…  えっ?沖雅也ってだれって?知らないよねぇ。
マイミクの遠州相良の侍さんは谷隼人(松岡きっこさんの旦那さん)に瓜二つでした。なかなかの美形でした。ということは私の家系は美形ということになるとは思うのですが…
今の私しか知らない人は信用しないだろうな…
沖バタヤなんて声が聞こえてくるけど誰が言ってるんだ!あとで覚えてろよ!
もうひとつ聞いてほしい話が
写真の2と3を見てください。
夕飯を食ったあと江戸っ子息子が戻ってきてクリームシチューを食べたので「俺にもくれよ」と言ったら、江戸っ子母さん珍しくご機嫌な声で『は~い』って返事。
で、お皿にシチューを入れて出してくれた。彼女時々シチューをお椀に入れて出したりするので今日は上出来だな,と内心思っていた。
で、いざシチューを食べようとするとフォークが出てきた。
お前これでどうやって食うんだよ、と言うと
自分で工夫しなさいよ、と。
江戸っ子息子は傍で嬉しそうにやり取りを聞いている。
で、次に出てきたのは穴の開いた鍋などで具をすくうおたま。
だからスプーンを出せって言ってるのに、と私。
だから工夫しなさいよって言ってるのに、と奴。
で、次に出てきたのは氷などをつかむトング。
お前スープが冷めるから早くスプーンを出せって。
スプーンは出払っていてないのよ、工夫して。
工夫をするたってどうやって工夫するんだよ?ったくう…
私が思い出したのは子供の頃イソップ物語で鶴がお皿でスープを出されるシーンだった。
で、最後に出てきたのが写真3の蓮華だ。クリームシチューを蓮華で食ったのは初めてだ。
江戸っ子母さんは時々こういうふざけたいたずらをする。
私が出かけようとすると玄関に屈が並べてある。おっ気が利くなぁ、と靴を履くと靴の中にミニカーが入れてあったり、音のなるおもちゃが入っていたりする。ひどいときには左右違う靴が置いてあったりするのだ。
これって虐待?
江戸っ子娘の☆トロ☆はバレンタインチョコをくれいい子なんだが…母親はこういういたずらばかりする悪い母、その悪い母に育てられた江戸っ子娘と息子の二人は本当に素直で親思いのいい子。どうしてなんだろう鳶が鷹を生んだという言葉本当なんだなぁとしみじみ思った今日だった。


人権保護法案に断固反対する!
人権、よく聞く言葉だがこの言葉の真からの意味を理解している人が果たして何人いるであろうか。人としての権利とは一体どこまでが守られるべき事柄なのか、またどこまで尊重されてしかるべきことなのだろうか。
わが国では憲法の下に万民平等というものが保障されている。平等ということはお互いが尊重しあい、権利を守りあうことがその基本にある。
私はわが国においては人権は守られていないと思う。特に拘置所や刑務所、鑑別所や少年院などにおいては人権などまったく無きに等しいというのが実態である。こう書くと皆さんは犯罪者に人権などあってたまるか!と反論されるだろう。しかし人権とは人としての権利であるのだから犯罪者もくそもなく、人皆平等に与えられる最低の権利なのである。
日本において人権の守られていない地域は上記の場所以外では恐らく今は皆無に等しいはず。それを今さら何の目的でこんな法律を作らなければいけないのかが疑問である。
人権保護法という文字を見るだけでは内容はさっぱりわからないはず。誰もが人権を保護する法律なら問題はないだろうと安易に考えがちであるが、ところがこうした法律が成立する影には必ず利権や既得権が絡んでくるのだ。
ひところ同和政策の行き過ぎが叫ばれた時期があったが、この法律こそがその同和地区の一部の者に利権をもたらす悪法ではないだろうか。私が育ったのは神奈川県の川崎市にある浜町や桜本といった部落の多い地域だった。そこに生まれた人たちは在日の人や沖縄から内地にやってきた人々。その他の地域で排他されて生活のできない訳ありの人たちが多く住んでいた。
私が小学生の頃私たちが住む地域は川崎一、いや恐らく関東一柄の悪いところで、同じ川崎の人間でも避けて通るほどで浜町桜本の住人というだけで特別な目で見られたこともあるほどなのだ。
そうした地域に住んでいた私は母によく聞かされた言葉がある。朝鮮部落の人やその生まれた地域によってその人ばかする人間はくずだ。日本人も朝鮮人も同じ人間なのだから決してお前はそういう人間には育ってほしくない。弱い者をいじめてはいけない。人のものを盗んではいけない。こういったことを厳しく言われて育った。
しかし当時私が住んでいたところは差別される側が住んでいるところで、自分が他の人間を差別するどころか、私自身日本人でありながら『朝鮮人』と差別的な言葉を浴びせかけられていた。
当時の私は何で?朝鮮人が!と厳しい言葉を浴びせかけるのかそれが不思議でなかった。だが今の日本でそういう差別的な言葉を面と向かって在日の人や、被差別部落出身者に差別的な言葉を浴びせる人間は少ないはず。
ただ出自のよい家庭の子女が結婚するときに血統の調査などをする。また大手企業で就職するにあたり、その者の門地などを調査すると聞いたことはあるが、そうしたことを防止するために作るのであればそれはお門違いというもので、わざわざ法律を整備してまですることではない。
人権は法律で守るものではなく、教育によって守られなければならないと私は考えている。要するに被差別部落出身者のきわめて一部の人たちだけがその法律を立法、施行することによって、何らかの利権を得ようということが明らかなこの法律、意味のない法律は必要がないということなのだ。
日本において人権が守られなければならないのは国籍を有する者も有しない者もすべからく平等に守られなければならない。犯罪者も密入国者も、健常者も障害を持った人たちも、一般人も官僚もヤクザも議員もホームレスも、皆平等に人権は守られなければならないのだ。なのに暴対法は成立した。こうした法律が出来る度に外郭機関ができる。これは官僚の天下り先確保のためなのである。これ以上日本を彼等の好きにさせてはならないのだ。だから私は人権保護法案に反対する。


元服の儀滞りなく終わりて候。(mixiから転載)
昨日は江戸っ子息子の成人式。昔で言えば元服である。本来成人式を迎えた男女は昨日から大人の仲間入りをするわけだが、成人式を終えたからといってそうそう簡単にはその日から大人の意識を持てといっても無理がある。
第一自分が成人したときのことを思い出してみればわかることで、成人式を境に何かが変わったのかといえば何も変わっていない。変わったのは酒やタバコを堂々と喫飲できることと、成人映画館に誰にも咎められる事なくは入れるようになったことぐらいだろう。
テレビなどでキャスターが訳知り顔で「今日から大人の仲間入り、それぞれ大人としての自覚を持って社会に出てほしい」などと言っているが、彼等とてそんな自覚など持っていたはずもなく、酒樽の周りで奇声こそ発しはしなかっただろうが大人になったことでの既得権を行使しようと躍起になっていたに違いない。
俺はといえば、タバコはもうとっくに堂々と吸っていたし、博打などは中学校二年生で学校近くの富士見公園と言うところで毎朝開帳される「野帳場博打」でその日の昼食代を取ったり取られたりしていたほどで、酒に至っては「俺は酒に向いていない成人を機会に酒をやめるか」などとふざけたことを言っていたのだから、どうにも始末に終えないガキだった。
昨日成人式を終えた江戸っ子息子は俺とは違い酒はかなり強い。毎晩晩酌をするほどで今日は成人式が終わり親戚周りのお披露目が済んだら、小休止とばかりに寝に入った。昨日は夜十時から近所の居酒屋で同級生等と飲み会を開き朝の五時に帰ってきたらしい。それでも俺の当時と比べてまったく真面目な青年で、彼が母や姉と似ているところは底抜けに明るいということで、母子の会話を聞いていると面白い。嫌味の無い好青年である。
今大学二年生、今後の展望をどう考えているのか母親も姉も知らないし、恐らく彼もそれほど真剣にはまだ考えていないのかもしれないし、また逆に母親や俺には言わないが何か秘めたるビジョンがあるのかもしれない。
いずれにしても彼の性格はいつまでも人に使われているタイプではなく、何か自分で起業するタイプの男である。しかし今のご時勢起業といっても中々難しいものがあり、大学の残り二年間で何かを掴み取ってくれると嬉しくまた頼もしくもある。彼の場合間違ってもニートという人種にはならないのではないかと俺は予測をしている。
俺が見るところ彼にはコピーライトの才能があるようだ。いまどきの若者に似合わずよく書を読むし、また作文力もあるのでそういった方面での仕事も向いているのかもしれない。
彼が小学生だったか中学生のときに港区が募集した標語に彼の作品が選ばれ、高校のときの体育祭ではこれまた学内で選ばれ体育祭当日には横断幕として母の目に映すことが出来た。
ただ問題は彼が作った標語というのは、生活上必要に迫られて作った母への訴えのようなもので、人の話しをまったく聞かない江戸っ子母さんへの切実な訴えだったものだったのだが、選者が何を勘違いしたのか,世の子供たちの代弁と捉えたことが選に入った理由である。
その標語とは港区で選ばれたものは
「母さん、僕の話を聞いてよ、母さん」というものだった。確かにこれは親子の会話がいかに大事かを端的に表しており、江戸っ子母さんを知らない人には優れた作品に思えるだろう。
そして学校内で選に入った標語というのが
『母さん、僕らは元気です!』
といったものだったらしい。
それにしても港区内や学内で選出されるということは中々あることではなく、そういった感性は大事に育んでいけば将来役に立たないことがまずないといっても過言ではない。子供の将来は親が決めるものではない。親の役割はその道標としては如何に自然にそこに導くかであろう。
俺の場合は育った環境もさることながら、政治的に早熟だったことと、当時の世相が影響して右翼という道に進んだ。彼も思想的には極めて右の人間だが、恐らく右翼という道は選ぶことはないだろう。もっとも右翼をしたいなどと言い出したら俺は反対する。
それでも新成人になった人たちが、右であろうが左であろうが政治に関心を持ってくれるのは喜ばしいことで、左右の思想戦争が冷めた今、もっともっと思想戦が燃えてほしいと思う俺は変だろうか?
何はともあれ新成人になった若者たちの将来を、我々旧人類に属す団塊世代は静かに見守り立派にはならなくとも、道をはずすことなく成長してほしいと願うばかりである。


明日は成人の日。mixiから半分転載。
私はこの連休を芝浦の江戸っ子家で過ごしています。
明日は江戸っ子息子の元服です。
彼は明日羽織袴といういでたちでその儀式に参加する予定です。
誰にも、変な形で彼等の成人するその儀式を邪魔されたくない。そして彼が一生の思い出になる成人の儀式となることを願ってやみません。
皆さんの成人式はどんな思い出があるのでしょう?
私の成人式は川崎市の労働会館と言うところで行われました。そこは川崎競輪場・川崎球場などがある富士見町一体にあり、当日は競輪が開催されていたように思い出します。それは私の錯覚かもしれませんが競輪場への行き帰りの独特な、殺伐とした空気を吐き出す大人たちのなんともいえない感じに、こんな連中と同じ大人にはなりたくない。そう思っていましたが、結果は彼等とまったく代わり映えのしない大人になってしまったような気がしています。
最近の成人式は国旗掲揚もなく、国歌が歌われないそんな成人式が多いと聞いていますが、現実どうなんでしょうか?私の時には君が代を自分から歓んで歌いました。掲揚される国旗にこの国で成人したことを誇らしく思うことを心の中で報告をしました。まぁこれは人それぞれで、そう思わなかった人、国旗に振り向きもしなかった人もいたかもしれません。でも私はその人たちを責めるつもりはありません。何故ならばそれは彼等の責任ではなく、彼等を育ててきた親や教師にもその責任の一端があると思うからです。
私が江戸っ子息子に望むことは、せめて彼が父となったときに国旗や国歌に偏見を持たない子供を育ててほしいということです。幸い彼は基本的に江戸っ子家の伝統なのかおじいちゃんの影響なのか、国を愛するということをよく理解する少年でした。その少年が明日から新成人として、この国の柱となるべく飛び立っていきます。
皆さんのお近くにも新成人として明日その儀式に参加する方がいるはずですが、明日新成人として飛び立ってゆく彼等彼女等に力強いエールを送ってやろうではありませんか。
新成人万歳!


遅ればせながら、新年の挨拶です。
皆さん七草過ぎてしまいましたが遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
何故、新年の挨拶がこれほど遅れてしまったのかといいますと、実は『ヤクザの独り言』のブログサイトがリニューアルして、その時に何をトチ狂ったのか、IDを変更してしまいしかもそのIDをメモし忘れていたのです。
ですから、ログインしようにも出来ない日がかなり長期にわたってしまい、昨日何となくこれでどうかなというIDを入れてみたら、BINGOでした。というわけで今日からまた毎日とはいきませんが、ぼちぼち更新をしていこうと考えています。
mixiからの転載が多くなるとは思いますが、私のmixiはマイミクを50人と限定しており、その50人の枠の49人が埋まってしまい、残すところあと1名だけしか残っていません。ですからmixiを毎日更新しても覗きにこれない方もいるので、更新しないより転載でもいいかなって、横着を決め込んでいます。お許しください。

さて、ここからはmixiに正月の5日に載せた記事URLをコピーしました。
これを読んでいただければ私の正月がわかります。それと私が以下に運動神経が鈍いのかも…

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=674546250&owner_id=6568353
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=675380238&owner_id=6568353
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=675892910&owner_id=6568353


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。